大会長挨拶

第30回日本遺伝子診療学会大会
第8回クリニカルバイオバンク学会
合同学術集会
大会長  松下 一之
千葉大学医学部附属病院 検査部・臨床検査科
(兼)遺伝子診療部/がんゲノムセンター/超音波センター

第30回日本遺伝子診療学会と第8回クリニカルバイオバンク学会の合同学術集会を、令和5(2023)年7月28日(金)、29日(土)に千葉市で開催いたしますことを大変光栄に存じますとともに、ここにご案内申し上げます。

日本遺伝子診療学会とクリニカルバイオバンク学会はそれぞれがユニークな活動を行って参りました。前者は微生物核酸検査、体細胞遺伝子検査、胚細胞系列遺伝子検査をテーマにしており、後者は病院併設型バイオンバクにおける検体の利活用やクリニカルシークエンスの医療実装を目指した活動を行っております。今回の合同学術集会では、人材育成にも積極的に参画している両学会が協働することにより、次世代のゲノム医療や遺伝子診療における臨床検体の利活用の必要性がさらに力強く社会還元されることを目指しております。2019年のがんクリニカルシーケンスの保険診療の開始、2020年冒頭から続く新型コロナウイルス核酸検査への対応、さらにクリニカルバイオバンクの品質管理、ゲノム医療における法律、倫理などが課題となっています。これら課題の中には医療者、患者、企業だけでなく、社会全体で乗り越えていかなければならないものも多数ございますが、両学会がこれまでわが国の本分野の啓発、普及に果たした役割は大きいと考えております。2022年現在、全ゲノム解析は国策として医療実装が始まっております。がんに続き、難病、生殖医療分野でもゲノム医療が実装され、将来はシングルセル解析、エピゲノムやオミックスを駆使しAI等も活用したバイオマーカー探索が医療実装されることが確実視されています。そのためゲノムリテラシーの涵養とともに、ヒト試料の利活用は人類共有の財産として次世代に継承し役立てることが益々重要となっています。本合同学術集会のテーマは「次世代医療を切り開くゲノムリテラシーの共有と継承」と致しました。両学会が協働することにより、今後のわが国の遺伝子診療、ゲノム医療、クリニカルバイオンバクの発展に大きく寄与すると考えております。事務局一同、皆さまに千葉で直接お会いできることを楽しみにお待ち申し上げております。


  • 事務局
    千葉大学医学部附属病院 検査部・臨床検査科
    〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
    E-mail: kensa@office.chiba-u.jp

  • 運営事務局
    株式会社メイプロジェクト
    〒104-0033 東京都中央区新川1-5-19-茅場町長岡ビル6階
    TEL: 03-6264-9071 FAX : 03-6264-8344 E-mail: jsgdt-cbs2023@may-pro.net

Copyright© 第30回日本遺伝子診療学会大会・第8回クリニカルバイオバンク学会シンポジウム 合同学術集会 All Rights Reserved.